アマプラ視聴録

エンタメ系まとめサイトに記事を納品している30代のフリーライターが『AmazonPrime』で視聴できる映画・アニメ・海外ドラマなどのあらすじを3行でまとめるブログ。twitter:@murancianotes

実写映画『バクマン』の3行あらすじ感想・レビュー!ジャンプが好きなら見るべき映画!?

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81Jxy15PbnL._SL1418_.jpg

Amazonプライム・ビデオで実写映画『バクマン』を視聴しました。原作の漫画は序盤しか読んでいません。主演の佐藤健神木隆之介に惹かれて視聴してみました。

 

 

実写映画『バクマン』の3行あらすじ

  1. 漫画家志望のふたりが出会って漫画を描き始める
  2. 試行錯誤の末に連載を勝ち取る
  3. 連載は短期で終了するがふたりは漫画を描き続ける

前半で主人公たちの最初の目標が達成され、後半は新しい目標に向かっていくので、前後編のドラマを連続で視聴させられている感覚です。僕は中盤で一旦集中力が切れたので、後半がしんどかった。

 

 

実写映画『バクマン』がオススメな人

  • ジャンプ愛の強い人
  • 佐藤健の演技が見たい人
  • 神木隆之介の茶髪が見たい人
  • 実写映画の中での「漫画」表現に興味が沸く人

 

 

実写映画『バクマン』がオススメではない人

  • ジャンプ漫画に特別な思い入れのない人
  • メッセージ性のある映画を好む人
  • 映画は脚本が命だと考える人
  • ジャンプ漫画が苦手な人

 

 

実写映画『バクマン』の感想

ひとつの映画にまとめるのは難しかったのでは?

実写映画『バクマン』は詰め込み過ぎです。監督もそのことは充分理解していたようで、脚本の脱稿直前に主要な女性キャストをばっさりカットしたそうな。ヒロインも(光の演出を調整しているせいか)影薄いです。

 

中盤で一旦物語が閉じているので、後半リスタートするところがしんどい。冒頭は出版社に初めて持ち込むシーンがあり、ふたりの最初のゴールがはっきりと示されました。連載を勝ち取るために努力を重ねる姿は素直に面白い。テンポよく話が進んでいくため、飽きさせません。しかし、最初の目標である「連載」は中盤で達成されます。その後は新しい目標に向かいました。

 

後半の物語は前半に比べると「重い」です。描かれるのは連載漫画を続ける苦しみです。そんな主人公が苦難する様子をVFXを使った映像や、「努力」「友情」「勝利」を前面に打ち出した力技で乗り越えます。最後はスラムダンクの山王戦のように燃え尽きました。

 

 

ジャンプらしさをどう捉えるか

実写映画『バクマン』は「ジャンプらしさ」で視聴者を納得させる作品でした。他のコンテンツを観る時には「ジャンプらしさ」なんて気にもしないし、場合によっては「ジャンプらしさ」はマイナスになります。しかし、『バクマン』というコンテンツは「ジャンプ漫画家」をジャンプのルールで描いた作品。

 

漫画家といってもウェブで連載する人や、同人作家などいろいろいるけど、そうした漫画家たちは実写映画『バクマン』の世界には存在しなさそう。ジャンプを読まなくなって久しい僕としては、素直に楽しめないストーリー。

 

エンドロールでは歴代ジャンプの名作漫画風の演出がされていますが、僕はあれが受け付けなかった……。懐かしさは感じるけど……、わかりやすさを前面に押し出されていてクドイ。サカナクションの音楽だけ浮いている感じがして辛い。

 

 

キャストや映像の演出は好き

キャストや、VFXを使った映像は良いと思います。ただし、個別の要素に注目してよいところをピックアップしていかないと、評価が難しいです。全体としては散漫な印象です。

 

原作ファンからは登場人物の改変が気になるようで、キャスティングにも疑問が残るそうな。企画に無理があったのかなという印象。厳しい条件の中で制作側やキャストはかなり苦労したのではないかと感じた。

 


実写映画『バクマン』に視聴した人にオススメのドラマ

重版出来!

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91ExiX-nBfL._SL1500_.jpg

漫画編集者の視点から出版業界を描いたドラマです。ジャンプではなく、架空の漫画雑誌「バイブス」の編集者が主人公。マイナー雑誌だからこその苦労や、書店員との関りなど、バクマンよりも少し広い世界が描かれている印象です。

 

コミカルな演出も多いので気楽に視聴できます。とはいえ、『バクマン』の新妻エイジのような天才漫画家の登場や、ベテラン漫画家の苦悩、長年アシスタントから抜け出せない漫画家のルサンチマンなど、リアリティを感じさせるドラマが描かれています。

 

近年の日本のドラマの中でもかなりの名作ドラマではないかと感じます。主演の黒木華を始め、オダギリジョームロツヨシなどキャストも面白い。Amazonプライム・ビデオで全話視聴できるので超オススメ。